一戸建て住宅の購入法

新築一戸建て住宅には、1から自分でプランを考えて住宅を建てる注文住宅と、既に完成している(または完成予定)の住宅を買う分譲住宅があります。マイホーム購入にあたり、どちらにしようか悩んでいる人もいるでしょう。当サイトでは分譲住宅についてお話をします。

分譲住宅は建売住宅ともいいますが、その魅力は何といっても値段が安いところです。分譲住宅は大きな土地を購入して、それらを小分けして家を建てています。そのため注文住宅に比べて土地代が安く済むのです。また、同じような家を量産することで、材料を大量に仕入れて建築費用を下げています。外観も内装も周りと似たような家になりますが、分譲住宅は「万人ウケ」するように作られていますので、こだわりが強くない人に向いているでしょう。

実物を見て購入できるところも、分譲住宅の魅力の1つです。注文住宅は出来上がるまでどんな家が建つか分からないので、完成した後に「イメージと違う」ということもありますが、分譲住宅ではその心配がありません。他にも、分譲住宅は「立地がよい」という魅力もあります。分譲住宅を建てる際には、その会社が「確実に売れる」と判断した土地を選びますので、駅や病院、学校などへのアクセスがよいことが期待できるでしょう。

家は一生の一度の大きな買い物と言われるように、ほとんどの人が初めての経験となりますから何かと分からないことが多いでしょう。ここでは分譲住宅の購入方法、そのポイントを紹介します。


==分譲住宅購入時に役立つ関連サイト==
分譲住宅の中でもどの家を購入しようか迷う場合は、住宅性能評価をもとに比較すると便利です。住宅ローンの優遇など色々なメリットがあるので、住宅の購入を検討している人は知っておくと参考になります ⇒ 住宅性能評価